30日間返品可能     お客様の100% の満足を保証     1年間品質保証

閲覧の履歴

知覚過敏は虫歯の遠因、薬剤を塗って治せる【絶対常識6】

 この記事は「日経おとなのOFF」2014年7月号(2014年6月6日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 おとなの虫歯の遠因として、注意したいのが知覚過敏だ。
 
 知覚過敏は、歯茎が下がって象牙質が露出することによって起きる。冷たいものや歯ブラシによる刺激が、露出した象牙質から象牙細管を通って神経に届くことで痛みを感じるのだ。「酸に溶けやすい部分が露出していることに加え、知覚過敏が気になるとブラッシングもおろそかになりがち。虫歯になるリスクは高いでしょう」。
 
 知覚過敏は、リン酸カルシウムなどの薬剤を塗布することで治療できる。気になる人は、歯科医に相談するといいだろう。
 
 おとなの虫歯の遠因になる知覚過敏だが、象牙質が露出した部分に樹脂やリン酸カルシウムなどの薬剤を塗布することで治療できる。早めに治せば虫歯にもなりにくくなる。治療費は保険適用の3割負担の場合、1回150円程度だ
 
虫歯を予防するには、毎日のケアを怠らないのはもちろん、定期的に歯科医のチェックを受けることも必要だ。だが宮崎さんによれば、定期的に歯科医院に行くべきだと考えている人は7~8割いる半面、実際に行っている人は3割程度しかいないのが現状という。歯科診療ユニット
 
 歯にトラブルはないと思っている人でも、気づかないうちにおとなの虫歯が進むことは十分考えられる。決して油断せず、時間を見つけて歯科医院に一度足を運ぼう。

商品レビュー

ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: