Warning: include(D:\webroot\dentalzz.com\temp\compiled\member_info.lbi.php): failed to open stream: Permission denied in D:\webroot\dentalzz.com\includes\cls_template.php on line 1187

Warning: include(): Failed opening 'D:/webroot/dentalzz.com/temp/compiled/member_info.lbi.php' for inclusion (include_path='.;D:/webroot/dentalzz.com/') in D:\webroot\dentalzz.com\includes\cls_template.php on line 1187
30日間返品可能     お客様の100% の満足を保証     1年間品質保証

閲覧の履歴

根管材料電気加熱注入器の問題について

根管材料電気加熱注入技術は目の前に研究が多く、応用が広い根管充填技術だ。臨床上で、多くの医者と患者は根管治療材料電気加熱注入技術を疑う。以下の根管材料電気加熱注入の一般的な問題と解答を挙げる。各医者、専門家と患者は根管材料電気注入器に深く理解し、共同に進歩している。
 
 
Q1: 側方冷たいマウスガードと熱マウスガード垂直加圧充填の効果は何が違うのか?
A:側方加圧根管充填は連続なテーパーの相対規制の根管に適する。熱マウスガード垂直加圧充填は不規制の根管によりよい密封性がある。
 
Q2:熱マウスガード垂直加圧充填には操作技術がどれぐらいあるか?
A:1)間断熱マウスガード垂直加圧充填技術
2)連続熱マウスガード垂直加圧充填技術
 
Q3:どうしてますます医者は熱マウスガード垂直加圧充填技術を選んでいるのか?
A:その医者は熱マウスガード垂直加圧充填技術がマウスガードを充填している時に、管壁へ圧力を加え、側副根管を密封し、診療効果を高めることができるという考えているからだ。
 
Q4:どうして側副根管を密封するのは診療効果が高められる。
A:根管診療中では側副根管を用意している時に完全に洗浄しにくい。根管充填材料は圧力を受ける後で、側副根管の残留を根周膜できるだけ排出する。短期では術後の反応があるが、人体の防御のシステムが最後に清浄できる。側副根管の残留物は持続に根周膜を刺激しなく、根管診療の失敗率を下げる。
 
Q5:熱マウスガード技術は根管準備に何か要求があるのか?
A:特別な要求がなく、きれいになればいい。根管の主形態は連続なテーパーとチップが「抵抗形態」を保つのがいい。
 
Q6:横断面はエリプスまた不規則的な根管だら、いくつかのマウスガードが挿入されるか?
A:はい、側方加圧技術と使うことができる。
 
Q7:もう熱マウスガード垂直加圧充填技術を使った、やはり診療効果が悪い場合がある、どうして?
A:すべての方法は成功が保証できない。でも、成功ではない原因は根管準備をやったことが悪く、感染を残った。そうなら、どの方法も無意味だろう。しかし、熱マウスガード技術の密封性はよりよいことが公認される。
 
Q8:熱マウスガード垂直加圧充填技術は習いやすい?
A:熟成な職業だよ!多くの医者は熱マウスガード垂直加圧充填技術を使った後、冷たい側方加圧充填法をほとんど使わない。

商品レビュー

ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: