30日間返品可能     お客様の100% の満足を保証     1年間品質保証

文章分類

閲覧の履歴

虫歯の進行度合い

C1の虫歯
保険治療の一般的な治療であれば、虫歯になった部分を全部取り除いて歯科用のレジンを詰めて治療します。エナメル質の虫歯なので、治療の痛みがあまりない事と、麻酔もして頂けるので安心して下さい。
 
C2の虫歯
こちらもエナメル質の虫歯治療と似ていて、虫歯になってしまった部分を削って詰め物をします。象牙質まで虫歯菌が侵食していると、進行が早くなるので冷たいものや熱いものがしみる時は、すぐに歯医者さんで治療すべきです。(エアースケーラー
 
 
C3の虫歯
この状態にまでなってしまうと、何もしなくてもズキズキと痛みます。虫歯になった部分を全て取り除いてから、ひどい場合には神経を取り除いて、歯根を掃除する治療をします。神経まで虫歯が進行してしまうと、神経が興奮しており、麻酔が効きづらいので治療の際に痛みを伴う場合があります。
 
C4の虫歯
残っている歯が少ない場合には、抜歯が必要となります。この状態まで進行してしまうと、神経が死んでしまっているので痛みも感じなくなります。そのまま放置していると、歯根の先に膿が溜まってしまいます。
 

商品レビュー

ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: