30日間返品可能     お客様の100% の満足を保証     1年間品質保証

文章分類

閲覧の履歴

歯痛と頭痛が併発する原因

主な原因
歯痛と頭痛が併発する原因は、主に、虫歯・歯周病・ストレス・飲酒・生活習慣などが考えられています。日々の生活が関係していることもあるため、十分に気をつけなければなりません。近年、特に多いのがストレスによる歯痛・頭痛の併発です。ストレスを感じると、副交感神経が活性化し、筋肉が硬く血流が悪くなります。唾液の量も減ってしまうため、口腔環境も悪化するでしょう。ストレスは、虫歯や歯周病にも深く関係しています。(ハンドピース
考えられる病気
歯痛と頭痛の併発で考えられる病気は、副鼻腔炎です。副鼻腔炎は、鼻の奥にある空洞が、炎症を起こす症状となります。副鼻腔は、おでこや頬などのさまざまな場所につながっている空洞で、膿(うみ)がたまり痛みを伴うでしょう。歯痛としては、頬が痛くなり上の奥歯に激痛を感じ始めます。頭痛としては、目の奥が痛くなり、重くズキズキとした痛みが特徴です。
 
ほかに注意すべき併発症状
歯痛が先行した場合、虫歯や歯周病が原因だと考えられます。歯の痛みだけでなく、歯茎がしみる・歯がグラグラする・歯茎から血が出るなどの症状も現れるでしょう。歯がグラグラする場合は、歯周病の可能性が高いため、すぐに歯医者で治療を受けなければなりません。
 
 

商品レビュー

ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: