年齢による虫歯の進行速度の違い|Dentalzz.com
30日間返品可能     お客様の100% の満足を保証     1年間品質保証

閲覧の履歴

年齢による虫歯の進行速度の違い

小児の場合
 
乳歯や生え変わったばかりの永久歯は、非常に柔らかいため、虫歯の進行も早くあっという間に大きな虫歯になってしまいます。
 
歯の生え変わり時期は虫歯ができやすい場所も常に移動するため、管理しにくいのが特徴です。できれば毎月、少なくとも4~5ヶ月に一度は歯科でチェックしてもらうようにしましょう。
成人の場合
 
永久歯の虫歯の進行速度は、乳歯に比較するととてもゆるやかです。とくに20歳を境にして極端に遅くなります。(歯科ユニット
 
その一方で歯周病は20代後半から進行し始めるので、成人は虫歯だけではなく、歯周病の検診も定期的に受けるようにすることをおすすめします。

商品レビュー

ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: