30日間返品可能     お客様の100% の満足を保証     1年間品質保証

文章分類

閲覧の履歴

歯垢は「虫歯」や「歯周病」、「口臭」を起こすって

お口の中が清潔に保てていないと、歯垢が溜まり続け、「虫歯」や「歯周病」の発生リスクが生まれます。では、なぜ歯垢が蓄積すると虫歯や歯周病になってしまうのか?その答えをこれから説明していきます。

歯垢が「虫歯」の発生につながる理由
 
細菌の固まりである歯垢の中には、「ミュータンス菌」と呼ばれる虫歯を作り出す細菌も存在しているのです。虫歯になる原因の一つが砂糖などの「糖質」です。ミュータンス菌は、その糖質から「酸」を作り出し、歯の成分「カルシウム」や「リン」を溶かしてしまいます。これが「脱灰(だっかい)」と呼ばれる状態で、虫歯が発生したことを意味しています。歯垢の中にミュータンス菌が存在していることで、虫歯の発生につながってしまうのです。(ハンドピース
 
歯垢が「歯周病」の発生につながる理由
 
歯垢の中には「歯周病菌」も存在していて、その菌が作り出した毒素により、歯周病が発生してしまいます。歯周病菌によって歯茎が腫れたり出血が起きたりします。歯周病菌に侵されたまま放置していると、最終的には歯が抜け落ちてしまうことになります。
 
歯垢が「口臭」を発生させる理由
 
歯垢の中に存在する細菌はガスまで発生させてしまいます。そのガスが「口臭」の原因になっている可能性があります。また、虫歯や歯周病によっても口臭は発生してしまいます。
口臭発生の理由はさまざま考えられますが、お口の中に歯垢が溜まって不潔な状態であれば、必然的に不快な口臭が発生していると考えるべきでしょう。お口の中を清潔に保つことは、対人関係の上でも大切なことです。口臭が原因で、相手との関係が絶たれてしまうこともないとはいえません。口内環境の整備は、大人として“最低限のマナー”であるといえます。

商品レビュー

ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: